かるた Karuta

image

最終更新日

犬も歩けば棒に当たる
い

論より証拠
ろ

花より団子
た

憎まれっ子世にはばかる
に

仏の顔も三度まで
cropped-.jpg

下手のよこ好き
へ

年寄りの冷や水
と

地獄の沙汰も金次第
ち

律儀者の子だくさん
り

盗人の昼寝
ぬ

瑠璃もはりも照らせば光る
る

鬼も十八番茶も出花
を

笑うかどには福来る
わ

蛙の子は蛙
か

夜目遠目笠の内
よ

旅は道連れ
た

良薬は口に苦し
れ

そでふり合うも多生の縁
そ

月夜に釜を抜く
つ

猫に小判
ね

泣き面に蜂
な

来年のことを言うと鬼が笑う
ら

馬の耳に風
む

嘘から出た誠
う

芋の煮えたもご存じなく
wi

のど元過ぎれば熱さを忘れる
no

鬼に金棒
o

腐っても鯛
く

安物買いの銭失い
ya

負けるが勝ち
ma

芸は身を助く
ke

ふくろうの宵だくみ
fu

これに懲りよ道斎坊
ko

縁は異なもの
e

出る杭は打たれる
te

頭隠して尻隠さず
a

猿も木から落ちる
sa

義理とふんどしはかかねばならぬ
ki

油断大敵
yu

目の上のたんこぶ
me

身から出た錆
mi

知らぬが仏
si

縁は月日
we

膝とも談合
we

持ったがやまい
mo

背に腹は代えられぬ
se

粋は身を喰う
名称未設定-3

 

京に田舎あり
kyo